使用方法

MT4リピートマスターの使用方法


MT4リピートマスター インタフェース
repeat008.png

IDNo EAのパラメータで設定したIDNoを選択します。
接続/解除ボタン MT4との接続/解除を行います。
R1/R2/R3 切替ボタン ロジックRepeat1/Repeat2/Repeat3の設定画面を開きます。
メイン画面のスクロールバーからも表示できます。
ロジック実行チェックボタン チェックをするとロジックが実行されます。ロジックの内容を設定後チェックしてください。
実行中にチェックを外すと実行が解除されます。
解除される際は指値注文は取り消しされます。
すでに指値がかかったポジションは決済されません。
ポジションのストップリミットでの決済か手動で決済を行ってください。
買い/売り 買い、売りを変更します。
ロット数 ロット数を入力します。
指値注文/成行注文 エントリー方法を選択します。(指値注文か成行注文)
注文値幅 リピートを行う値幅を設定します。
ライン表示/非表示 チャートにドラッグで注文値幅を設定できるラインを表示させます。
上限、下限が空であれば100pips離れた値で表示されます。
ポジション指値/逆指値 ポジションのリミット値、ストップ値を設定します。
チェックするとエントリー時に入力値で設定されます。
合計価格決済 複数ポジションによる合計価格決済を設定します。
チェックすると入力値で一括決済されます。
条件フィルター 注文方式が成行注文の場合のみ設定できます。
現在レートでの比較か確定足での比較かを選択できます。
移動平均線 短期と中期の比較 チェックすると条件が成立しているときのみエントリーを行います。
移動平均線 長期とレートの比較 チェックすると条件が成立しているときのみエントリーを行います。
RSI チェックすると上限と下限の間にあるときのみエントリーを行います。
  ファイルメニュー ロジックの設定を保存・読込することができます。
  設定メニュー  
  EAコメント表示 チェックするとチャートの左上にEAの設定状態が表示されます。
  自動ログイン チェックすると自動でログインされます。
  自動接続 チェックすると自動で接続されます。
  リピート自動実行 チェックすると自動で実行されます。
自動接続がチェックされている場合のみ有効です。

  • 最終更新:2013-10-19 21:49:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード